Copyright © Fuji Xerox Rugby FireBird All right reserved

2019年シーズンを終えて

東 フォワードコーチ


まず最初に、入れ替え戦に勝利したこと。上のリーグで戦えるということはことは大きいと思います。

更に上を目指して、一致団結して、ひとつひとつステップアップしていきましょう。

東 フォワードコーチ

そのためには、まずは土日の練習、それと週1回の平日の練習。それぞれ事情はあるにせよ、そこに対して100%取り組む事が大事だと思います。


あとはもう、個人ですよね。

もう勝負は始まってますよ。次のシーズンに向けて。

ここから、自分が何をやるか、しっかり自分に問いかけて、やれることはやりましょう。




小熊 ヘッドコーチ

今年は非常に苦しい1年だった、というのが率直な感想です。


小熊 ヘッドコーチ

途中で環境の変化や様々なことが起こりながら、本当にダメになってしまうのではないか、という中でも、最後の1カ月間、皆さんの集中力と、「入替戦に勝つんだ」という皆さんの団結力は素晴らしかったし、過去1番の輝きを放っていたと思います。

トップイーストDiv.1リーグで引き続きチャレンジできることは本当に素晴らしいことですし、何よりも楽しいことだと思います。


2020年のシーズンは富士ゼロックスとしてチャレンジできる最後の1年になります。

色々色々と変わってくることもありますが、皆でトップリーグを目指しましょう。

それが来年、再来年では難しいことかもしれませんが、トップリーグに行く、ということを最終目標に臨んでほしいと思うし、それができるのも今しかないと思います。皆さんにはその力と熱意があると思います。

誰一人欠けることなく、全員でまたがんばっていきましょう!





砂田 ゼネラルマネージャー


改めまして2019年シーズン、お疲れ様でした。


砂田 ゼネラルマネージャー

18年ぶりに、昨年からご縁があって関わらせていただきました。

当時からしますと全く想像がつかないような景色を見させていただきまして、

私としては本当にやりがいと、皆さんのがんばりに敬意を表したいと思います。

リーグ戦はひとつも勝てない、という結果になり、

決して甘くないリーグであることを痛感させられました。


ただ、SNSを通じて「富士ゼロックスラグビー部さん、こんなことやりませんか」というインプットであるとか、世の中の認知も広がってきたような実感があります。


やはりそれは今シーズンから、会社から多大なご支援をいただいて、例えばサプリメントの提供や、スクラムマシーンを買い替えるとか、入れ替え戦はスクラムで勝ったと言っても過言ではないと思います。


自分としては、皆さんにいかにいい環境でラグビーをしてもらうか、ということだけを考えて取り組んできました。まだまだ足りない部分は多々あると思いますが、これから今シーズン。先ほど東コーチから「もう勝負は始まっている」とのお言葉もありましたが、いい形で3月を迎えて、また1年がんばりましょう。

皆さん、引き続き応援よろしくお願いいたします!



▼納会の写真はこちら

https://www.facebook.com/fujixeroxrugby/posts/3232545256772899













345回の閲覧