キャプテンに聞いてみた。-矢澤 巧久留-

最終更新: 2019年5月27日

-ラグビーを始めたキッカケを教えてください-

父親の影響ですね。父親は高校と社会人でプレーをして、レフリーの資格も持っているので、5歳の時から地元である長野県の伊賀良ラグビースクールに入って、自然とラグビーを始めていました。


-ラグビーで学んだことを教えてください-

高校(御所実業高校ラグビー部) 生の時に、竹田監督のご自宅に下宿させていただいて、気配り・目配り・心配りを学びました。家事の手伝いや来客の方の見送りを始めとして、生活をする上での人間性の部分は、御所で培われたものです。

竹田監督からは「誰も拾わないゴミをずっと拾っていたら、いつか試合になったら運が戻ってくる」というお言葉をいただきました。御所ではアタックの練習はあまりしないんですよ。ディフェンスの練習に多くの時間を割いて、

「最後までタックルして、耐えて、耐えて、耐えたら、いつかチャンスが巡ってくる」と。ラグビーに限らず、人間性を学びましたね。



-そういうチームに矢澤”巧久留”が入るっていうのは運命だったのかもしれませんね-

はい。得意なプレーはタックルです (笑)

高校生の時は、グラウンドの水たまりをスポンジで吸い取る事やトンボがけ等、グラウンドのメンテナンスは上級生の仕事でした。上級生が仕事をして、下級生が早く帰れるようにするんです。

上に立つ人間ほど仕事をする。そういう習慣を高校生の時に身に着けたことは大学生になった時にも、社会人になった今でも感じているのですが、本当に良い経験と学びを得たと思います。

また、ラグビーは人と繋がりを持てるスポーツだな、と感じます。世間が狭い分、意外とラグビーで繋がって仲良くなったり、させていただいたりすることが多く、それはラグビーの良い部分ですね。


-平日の仕事を教えてください-

今は営業で、基本的には新規開拓です。

最初断られても、何度か訪問させていただくうちに名前を覚えていただく、であるとか、商談の機会をいただいた時には喜びを感じますし、人と人との繋がりを作るという部分は、新規開拓ならではの達成感を日々感じますね。


-平日の仕事も順調と聞きました-

昨年は部門の新人の中で営業成績1位、全社で行われる成績優秀者の表彰パーティーでは司会も務めさせていただきました。今年は同期の鹿内に負けて2位だったのですが (笑)


-ラグビーに話を戻します。様々なポジションで試合に出場することについて教えてください-

高校生の時の花園 (全国大会)では1年生の時はフルバック、2年生の時はセンター/フランカー、3年生の時はセンターで出場しました。得意なポジション、というよりチーム事情ですね。

社会人1年目のシーズンは谷野さん、石井さんがいてセンターであまりプレーできなかったんですが、フランカーやナンバーエイトのポジションに入って「自由に動いていいよ」とアドバイスいただき、すごく楽しかったですし、やりやすかったです。

昨年はキャプテンをやらせてもらって、少しかしこまってしまった、というか、思うようなプレーができなかった。チームとしてはDivision1に昇格しましたが、先輩たちのプレーのおかげだと思っていますし、個人的には満足がいくシーズンではなかったですね。


-今年は9人の新加入選手がいます。彼らにどのようなことを求めますか?-

先輩・後輩ということを気にせず。自分のしたいプレーをしてもらいたいと思います。

ある程度チームの戦術に合わせる必要はありますが、それ以外は好きに動いてもらいたいです。上級生や司令塔となるポジションからは経験の浅いメンバーがプレーしやすくなるような的確な指示を出したいと思います。


-最後に、今シーズンの抱負を教えてください-

キャプテンとしては、リーグ戦で5位以内に入ることを実現する、と言うか体現。これを必ずします。

チームとしては、今シーズンはトップイーストリーグDivision1に昇格して、1番下からのスタートになりますので、毎試合しっかりチャレンジします。若いメンバーも多いので、若いなりのフレッシュなプレーに期待してください。その中で去年から取り組んでいる自分たちのスタイルを強みとして、ぶつけていきたいと思います。

プレーは激しく、体で示して、常に冷静な判断をグラウンドでしたいと思います。応援よろしくお願いします!

(取材日:2019年4月)

1,860回の閲覧

Copyright © Fuji Xerox Rugby FireBird All right reserved